シミ

シミの中でも若い年代に発生して年齢と共に薄れる「そばかす」や

女性ホルモンのバランスの崩れによってでき加齢と共に薄れる「肝斑(かんぱん)」などと違い、

年齢と共に増え続ける「老人性色素斑」は、外見上の年齢判断のバロメーターです。

この度合いによって年齢が判断されることを考えれば、

若さと美肌を求める女性にとっては真っ先に撃退しなければならない美肌の敵と云えましょう。

その主な元凶はやはり紫外線です。

有害な紫外線を防御するため表皮にあるメラノサイトから色素であるメラニンが

メラノソームという小胞となって放出されます。

それがケラチノサイトと呼ばれる表皮細胞に受け渡されて皮膚が染色されるのです。

通常ならばターンオーバーによっておよそ28日周期で細胞が再生され角質から

アカとなって剥がれ落ち色も薄れてゆくのですが、年齢が進むに従って

この機能が低下し再生のメカニズムが衰えて、除去しきれない色素が点々と残ってしまうのが

いわゆるシミと呼ばれるものなのです。

とは云え決して修復不能と諦める必要はありません。

最も大事なことはまず、肌細胞を元気にして肌力を付け、

ケラチノサイトの再生を促進してターンオーバーを正常化し、色素を外へどんどん追い出してしまうことなのです。