知っておけば怖くないUV対策


紫外線は肌に影響のある波長の長い太陽光の一種。

近年オゾン層の変化により地球上に降り注ぐ紫外線の量は増加傾向にあります。

紫外線の種類はUVA,UVB,UVCの3種類。

UVCは、オゾン層に阻まれ、地上に届くことはありません。紫外線のうち地上に届くのは、「UVA」と「UVB」という2

種類の紫外線です。

UVA:紫外線に当たってすぐに肌が黒くなる(サンタン)の原因がUVAです。真皮まで届きコラーゲンを壊し、シワを作

る原因になります。

UVB:長時間の日光欲で肌が炎症を起こして赤くなる(サンバーン)の原因がUVBです。肌表面の細胞を傷つけたり、炎

症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になります。

最近はそれぞれの波長に対応する紫外線対策の化粧品がありますが、その際の目安となるのが表示にあるSPF値とPA値で

す。SPF(サン・プロテクション・ファクター)は日本の基準では15くらいから最大値50までの間で、値が高ければそれ

だけ長時間UV防止効果があると云う効果持続時間の尺度を表します。


PA(プロテクション・グレイド・オブ・UVA)はUVAに対する防御効果を+の数3段階で示します。

(PA+ PA++ PA+++)


但しこれはあくまでも目安ですから、あまり頼り過ぎないことも大切です。防御も勿論大切ですが、実は紫外線対策は日

焼けをしてしまった後のケアこそ最も肝心なのです。


日焼けは肌に有害な紫外線を防ぐために備わった防御反応です。

紫外線を受けることによって肌の中のメラノサイトから色素であるメラニンが放出されて肌が黒く染まるのです。赤道直

下に住む人々の肌が黒いのはそのためです。四季のある国に住む私達の場合特に日差しの強い夏場を過ぎれば日焼けも薄

れてゆきます。これはメラニンで染まった細胞がターンオーバーによって押し上げられやがてアカとなってはがれ落ちて

ゆくためです。ただ怖いのは若いうちは健康美を競って肌を焼くのもいいですが、

年齢と共にターンオーバーの再生メカニズムが衰えてくるに従ってそれがシミとして残ってしまうことです。

ですから、日焼け対策で最も肝心なことは肌力をつけて肌細胞の再生を正常にするためのスキンケアを普段からコツコツ

する習慣をつけることだと言えます。